ホーム » 講座について » デホダー研究所の修了証明書が取得できるペルシャ語講座~Q&A~

نمایندگی موسسه دهخدا و مرکز بین المللی آموزش زبان فارسی در ژاپن

デホダー研究所の修了証明書が取得できるペルシャ語講座~Q&A~

本講座は、
テヘラン大学附属・ペルシア語教育国際センター
「ロガトナーメ・デホダー研究所」の

日本支部の運営による
ペルシア語講座です。

#ペルシア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

Q:デホダー研究所とは?

A:大ペルシア語辞典「ロガトナーメ・デホダー」を編纂したイランの有名な言語学者、アリー=アクバル・デホダー(1879-1956)が、1945年にテヘランに設立した研究所です。

1956年にデホダー氏が亡くなった後、研究所はモハンマド・モイエン博士に引き継がれました。そして1958年から現在まで、テヘラン大学附属の研究所として営まれてきました。

テヘラン大学附属・ペルシア語教育国際センター「ロガトナーメ・デホダー研究所」

#ペルシア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

Q:ペルシア語教育国際センター(デホダー本校)とは?

A:1989年、外国人にペルシア語を教えることを目標として、ロガートナーメ・デホダー研究所におけるペルシア語教育国際センターが設立されました。
イラン初の、外国人がペルシア語をアカデミックに学べる機関として、これまで100ヶ国から2万人以上の学生が、本センターで学んでいます。(情報:2020年)

外国人への30年以上のペルシア語指導を経て、本校では優れた教材を出版し、優秀な講師を揃えて指導を行っています。

そして日本支部でも、大学や日本の機関等にてペルシア語指導を行ってきたベテランの講師たちが、本校のカリキュラムと教材に則り、指導を行っています。

現地の本校では、主に言語学、歴史学、イスラーム学、中東研究、建築学、芸術、ジャーナリズムなどを学ぶ研究者や学生、そしてビジネスマン、駐在員などが学んでいます。

#ペルシア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

Q:デホダー研究所・日本支部では、どんな人が学んでいるの?

A: 日本支部ではこれまで、ペルシア語に興味がある人、ペルシア語話者の友人と会話を楽しみたい人、学者、経済学・イスラーム学・スーフィズムなどを学ぶ学生、ペルシア関連の事業に携わるビジネスマン、在日留学生、中学生まで、様々な目的を持った人たちが学んでいます

#ペルシア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

Q:学期末試験とは?

A: ㈱Kimiyaの運営する 「ロガトナーメ・デホダー研究所」日本支部の講座を受けた方々のみが、本試験を受けられます。
試験問題はテヘラン本校より提供され、㈱Kimiyaとデホダー研究所の代表者によって実施されます。合格者は、デホダー研究所よりペルシア語習得者としての資格を与えられます。

#ペルシア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

Q:学期末試験は、どんな風に行われるの?

A:4つの学力試験(リーディング、ライティング、リスニング、スピーキング)に分けられ、全ての質問はデホダー本校より提供されます。
スピーキングの試験は、デホダー本校の先生が直接担当します。

#ペルア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

Q:修了証明書には、どんなメリットがあるの?

A:

  1. イランにおける全ての大学は、本証明書を「ペルシア語能力証明書」として認めています。
    そのため、イランへ留学を希望する方がこの証明書を持つことにより、大学側に受け入れられやすくなる、または現地で専門学科を学ぶ前にペルシア語を学びなおす手間を省くなどのメリットがあります。
  2. イラン以外の国の、主に大学や研究所において、イラン・ペルシア関連の専攻を希望する方が、ペルシア語能力を証明するため、本証明書を有効に使用することができます。
  3. ペルシア語分野の職業に就くことを希望する方にとって、本証明書は有力なポイントとなります。
  4. デホダー本校にて、学習を継続していただけます。

●この証明書は、大学の学業終了証明書ではありません。
●学期末試験は、任意で受けられます。

デホダー研究所による、ペルシア語(ペルシャ語)講座の修了証明書
(例)各クラスレベルの修了・合格証明書
※デホダー研究所・本校より発行されます。

#ペルア #ペルシャ #ペルシア語 #ペルシャ語 #イラン #デホダー

ペルシア語能力証明書について

英語では、TOEFL, TOEIC, IELTSなどの語学能力検定が設けられています。
ペルシア語の場合、“SAMFA”という国際ペルシア語能力試験が存在します。この試験は全国教育試験機構(National Organization of educational testing)により毎年2~3回行われ、イランにおける5~7の大学や研究所において実施されます。テヘラン本校のデホダー研究所は、試験会場のひとつとされています。本試験には、学習した教育機関や教材に関わらず、どなたでも試験に臨むことができます。

但し、デホダー研究所の「学期末修了証明書(上級2)」は、SAMFAのペルシア語能力証明書に筆頭するものです。
さらに、上級2より低い学級レベルの証明書も、各レベルのペルシア語能力を証明する証書として有効にお使いいただけます。

※SAMFAの証明書と、デホダー研究所の「上級2の修了証明書」の異なるポイント:
SAMFAの合格証明書では、各取得者の学習した教育機関や教材が明確ではありませんが、デホダー研究所の証明書においては、試験に合格したという証明のみでなく、学習履歴を明確にアプローチできます。

※デホダー本校、またはデホダーの先生方(日本支部も含む)の指導の下に、ペルシア語を学習していない方は、デホダー本校の「ペルシア語能力試験」を受けることができません。